インプラントの特徴

インプラントというのは、体に埋め込まれる器具のことを言います。
美容整形で体内に埋め込むシリコン、人工関節、心臓ペースメーカーなどは総じてインプラントと呼ばれます。
しかし単純にインプラントという場合、歯科分野で失われた歯根の代わりとして顎骨に埋め込む人工歯根のことを指すことが多いでしょう。
歯科インプラントは3つのパーツによって構成されています。
そのパーツとは、顎の骨に埋め込むインプラント、歯冠の代用となる上部構造、両者を連結する役目をもつアバットメントの3つです。

歯科インプラントでは抜いた、あるいは抜けてしまった歯の部分に、インプラントを埋め込みます。
インプラントを埋め込むことで、歯そのものの働きや見た目を取り戻すことができるというメリットがあります。
なくなった歯の箇所を起点に治療するため、まわりの歯に影響が及ぶことはありません。

インプラント治療は歯茎を切開して顎の骨に触れる外科手術が行われるため、ほかの歯科治療と比べて大がかりです。
そのため、通常はほかの治療よりも検査や診断、カウンセリングなどを念入りに行います。

インプラントの歴史は非常に古いことがわかっていますが、治療法として確立されたのは近年です。
骨と結合するインプラントの登場によって、インプラントによる治療成果は高まったと言われています。
このサイトではインプラントに使用される金属やメリット、デメリットについて解説するので、参考にしてみてください。



~外部リンク~
失われた歯根の代わりに人工歯根を埋め込むインプラント治療を施術している東京のインプラントセンターです →→→ インプラントセンター 東京